レトロ横丁



<   2013年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧


「かき焼き祭り」開催中です!

寒い日が続いていますが、1/26(土)・27(日)の両日、門司港では大人気の豊前海一粒かき「かき焼き祭り」がレトロ中央広場で開催されています。焼き台200台がずらりと並べられた会場周辺は美味しそうな匂いが漂っています。殻付きかきの早剥き競争などの楽しいイベントや地元いちばん産直市なども開催されていますので、是非この機会にご家族お揃いでお出掛け下さい!
e0014058_1446111.jpg

[PR]
by d-mojiko | 2013-01-26 14:49 | 門司港のイベント

心も体もポッカポカ!

 寒いこの時期におすすめの飲み物があります。大分県産ゆずの丸搾り果汁と国産すりおろし生姜がふんだんに入っている「生姜ゆず・Tea Sweet」。結構ノドに効く感じがあり、心も体もポカポカになって、風邪や花粉症の予防にもなるという事で、大変好評です。*日本航空(JAL)ファーストクラス飲料にも採用されたことがある、確かな商品です。
 お好みに合わせて5〜7倍のお湯または水で割ってお召し上がりいただけます。
 ◎「生姜ゆず」ティースイート 300ml 900円(税込)
e0014058_15445178.jpg

e0014058_15454194.jpg


[PR]
by d-mojiko | 2013-01-25 15:47 | 山口酒店だより

月刊「ひろば北九州」2013年1月号 <門司港便り>

今月もアップが遅くなってしまい誠に申し訳ありません。本日は北九州の文化とまちづくりの総合情報誌・月刊「ひろば北九州」に連載中のコラム「門司港便り」の1月号の記事を掲載させていただきますので、ご一読いただけると幸いです。

      タイトル:「ふぐ料理を全国に広めた本場」

       関門地域は全国的に「ふぐ」で知られ、特に下関の南風泊魚
      港は日本一のふぐの水揚げ場として有名ですが、門司港も古く
      から多くのふぐ料理店があり、料理の技や味の冴えは抜きん出
      ています。
       北九州市観光協会料飲部会発行(平成3年)の「ふくふくガ
      イド北九州」には、「戦前・戦後当時はふぐ料理の技を手ほど
      きしてくれる所がなく、門司港の清滝にあった『岩井』という
      入方(現在の調理師紹介所)で修行に励み、全国に数多くのふ
      ぐ料理人を輩出した」とあり、門司港がふぐ料理を全国に広め
      た発祥の地と言われています。
      門司港では平成12年から、地元の方をはじめ、若者や観光
      客にもっと気軽にふぐ料理を味わってもらおうと毎年「ふぐフ
      ェア」が開催されています。
       今年も2月2日(土)から3月24日(日)まで、ふぐ料理
      の老舗・専門店が自慢の料理でおもてなしします。特に2月3
      日(日)に開催される「ふぐ祭り」の「とらふぐのさばき」=
      写真、は大人気となっています。・
                         (山口酒店・山口仁)

e0014058_15102219.jpg

[PR]
by d-mojiko | 2013-01-25 15:11 | 月刊「ひろば北九州」


門司港の今を伝えます
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
自己紹介
日々のなにげない生活の中で、美しいもの、おいしいもの、楽しい事など
ささやかな事でいいのですが、こころ動かされるものに出逢うと、すこし豊かな気持ちになれます。自分の感じた事を自分のことばで、素直にお伝えしたいと思っています。よろしかったら、私のホームページにも、お越しください。
栄町カフェ
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧