レトロ横丁



<   2012年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧


第8回「多摩美術大学・校友会展」始まりました。

 九州地区(福岡・佐賀・大分)の多摩美術大学卒業生の校友会展が、今日(9/26)から久留米石橋美術館で始まりました。私自身は校友会展には出品していませんが、同時開催の<「たまび窯」ブランドのお皿展>には参加しています。「たまび窯」の企画は、同一の有田焼皿に各自のオリジナルデザインを絵付けし、佐賀支部の有田で活躍されてる陶悦窯の今村堅一氏に焼いていただくというものです。まさに九州地区ならではのモノ創りにより、地域社会、そして若い世代との交流を深めようという試みなのです。お近くにお越しの際にご覧頂ければ幸いです。
e0014058_15522944.jpg

第8回 九州地区「多摩美術大学・校友会展」 同時開催「たまび窯」ブランドのお皿展

◉会期:2012年9月26日(水)〜30日(日)
    10:00〜17:00
◉会場:久留米石橋美術館
[PR]
by d-mojiko | 2012-09-26 15:59 | デザインワークin門司港

月刊「ひろば北九州」2012年9月号 <門司港便り>

もう月末になってしまいましたが、本日(9/26)、北九州の文化とまちづくりの総合情報誌・月刊「ひろば北九州」に連載中のコラム「門司港便り」の内容を掲載させていただきますので、ご一読いただけると幸いです。
e0014058_14583391.jpg


      ◉タイトル:「早朝の清々しい駅前風景」

       かつて、九州の玄関口として多くの人々の思い出やドラマを見
      守ってきた門司港駅。いまでも門司港のシンボルとして人々に愛
      され、親しまれています。
       その駅前噴水広場では毎朝6時半からラジカセから流れるNHK
      の放送に合わせてラジオ体操第一と第二を続けておられる方々が
      いらっしゃいます=写真。
       参加されている方にお聞きすると、平成7年、門司海青小学校
      の建設工事で、グラウンドが利用出来ず、子どもたちが夏のラジ
      オ体操をする所がなくなったので駅長にお願いして駅前広場を使
      わせていただくことになったのがきっかけだそうです。
       夏休みが終わると、子どもたちの姿はありませんが、そのまま
      続けていたら、どこからともなく少しずつ参加者が増えて、多い
      時には60人くらいになることもあるとか。
       以来、名称も会則もない緩やかな状態で、20年近くも続いて
      いる、このラジオ体操。参加者の皆さんの「ラジオ体操をしたい」
      という純粋な気持ちがしっかりと繋がっているようです。

                          (山口酒店・山口仁)

e0014058_15323720.jpg


[PR]
by d-mojiko | 2012-09-26 15:37 | 月刊「ひろば北九州」


門司港の今を伝えます
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
自己紹介
日々のなにげない生活の中で、美しいもの、おいしいもの、楽しい事など
ささやかな事でいいのですが、こころ動かされるものに出逢うと、すこし豊かな気持ちになれます。自分の感じた事を自分のことばで、素直にお伝えしたいと思っています。よろしかったら、私のホームページにも、お越しください。
栄町カフェ
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧