レトロ横丁



<   2011年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧


門司港アート村小倉展。

 ただいま、小倉井筒屋の新館7階「美術画廊」におきまして「門司港アート村小倉展」が開催されていますが、いよいよ会期が明日(3/29)までとなりました。日曜日の昨日、私もやっと観に行くことが出来たのですが、作品というのは会場によって、また違った表情を見せてくれるものですね。今回は、現在、門司港アート村で創作活動をしている川端村長を含む7人と、アート村の卒業生3人、計10人の個性あふれる生き生きとした作品が展示されています。
e0014058_14392639.jpg

川端孝則 Takanori Kawabata <ろう彩画>
e0014058_14423625.jpg

手嶋大輔 Daisuke Teshima <彫刻>
e0014058_1444571.jpg

e0014058_14452217.jpg

松浦孝 Takashi Matsuura <彫刻>
e0014058_14472833.jpg

郷原良成 Yoshinari Gouhara <陶芸>
e0014058_14493976.jpg


是非この機会に『門司港アート』をご鑑賞ください。<入場無料>
尚、最終日の明日(3/29)は午後4時に閉場しますのでご注意ください。
[PR]
by d-mojiko | 2011-03-28 14:58 | 本日のひとコマ

「昭和レトロ館」本日新装オープン!

 先日(3/24)「昭和レトロ館」改装中の様子をご紹介させていただきましたが、予定通り本日(3/26)10:00にリニューアルオープンしました。これまで狭いスペースに、いろいろな雑誌やまんが本をはじめ、おもちゃや資料などが展示されていたので窮屈な感じでしたが、今回は結構ゆとりのあるレイアウトになっているので、ひとつひとつがゆっくりと鑑賞できるようになりました。反面すっきりし過ぎて物足りなさも感じられるので、今後も調整が必要のようです。おそらく実習生のみんなも感じていると思いますので、試行錯誤を繰り返しながら、いい形に展開してくれる事でしょう。
まずは、改装作業お疲れさまでした!そしてオープンおめでとうございます!
e0014058_16241120.jpg

リニューアルオープンの今日、さわやかな笑顔で迎えてくれた山本君と藤井さん。
e0014058_16264883.jpg

これまで、館の外に設置されていた「鉄人28号」。
今日からは館内(入口に向かって右側)でお客様をお迎えしています。
横の壁には、昭和30年代のころの商店街の写真も展示してあります。
その後ろには昭和時代の懐かしい電化製品などが揃った居間が再現されています。
e0014058_16355851.jpg

e0014058_16364952.jpg

人気の駄菓子コーナーも移動され(入口に向かって左側)、
これまで以上に品数も充実し、お客様にとって買いやすいレイアウトなったようです。
e0014058_1644084.jpg

e0014058_16465166.jpg

そして、「昭和レトロ館」のメインのコーナーには、これまで同様、
門司港出身のまんが家・関谷ひさし氏のアトリエや作品が整理され展示されています。
今回の改装で新たに設置された(手前に写っている)学校で使われていた机は、
まんが本や資料を読んだり、休憩にご利用いただけます。
門司港へお越しの際は是非一度お立ち寄り下さい。
e0014058_1724470.jpg


栄町銀天街「昭和レトロ館」は、
新年度も土・日・祝日(10:00〜17:00)開館します。
これからますます内容は充実され、進化しつづけますので、どうぞご期待ください。
そして、温かい応援よろしくお願い致します!
[PR]
by d-mojiko | 2011-03-26 17:16 | 栄町銀天街「昭和レトロ館」

ただいま館内改装中です。

 昨年(平成22年)3月から栄町銀天街「昭和レトロ館」の運営に携わっていただいている北九州市立大学地域創生学群の真鍋先生と実習生の皆さん。この一年間の活動やアンケート調査の結果などに基づいて、4月からは新たに自分たち主導のまちづくり企画を積極的に立案し、実行していただけるとの事なので、大いに期待しているところです。そして、その第一弾として、昭和レトロ館内のリニューアルが現在進められています。今週の土曜日(3/26)からは新しい内装で、お客様をお迎え出来るようですので、どうぞご来館ください。

昨日(3/23)は、リーダーの黒木さん他5名の皆さんが
寒い中、一生懸命頑張ってくれていました。
どんな内装になるのか!?楽しみです。
e0014058_15412287.jpg

e0014058_15413744.jpg

e0014058_15415854.jpg


少しづつではありますが、大学生の皆さんの若いパワーが、
商店街に、いい刺激と活気を与えてくれてるようです。
今後の「昭和レトロ館」にご期待ください!

<お知らせ1>
リニューアルしたばかりの「昭和レトロ館」前では、今度の日曜日(3/27)
あの人気おやじバンド「フラッパーズ」の演奏会が開催されます。
元気になりたい方、是非お越し下さい。演奏開始は午後1時です。

<お知らせ2>
4月23日(土)・24日(日)に開催される「おさんぽマルシェ2011春日和」に、
栄町銀天街「昭和レトロ館」も出店します。
レトロ地区の人気のイベントと昭和レトロ館のイベントを連動させることにより
地元の方をはじめ、観光客の皆さんに「昭和レトロ館」のPRと
商店街への誘客を目的としています。
この機会に是非、門司港へお越し下さい。
[PR]
by d-mojiko | 2011-03-24 16:27 | 栄町銀天街「昭和レトロ館」

「門司港アート村・小倉展」始まります。

 アーティストの集う街「門司港」。今年も川端村長を含む10人のアーティストたちによる「門司港アート村・小倉展」が小倉井筒屋の新館7階「美術画廊」にて開催されます。期間は3月23日(水)から29日(火)までです。門司港で創りだされている、個性あふれる、凛と光る作品たちを、どうぞ、この機会にご覧ください。
e0014058_2354439.jpg

2006年12月「京都展」・2007年12月「博多展1」・2008年12月「博多展2」・2009年12月「東京展」に継ぐ、今回の「小倉展」。小倉のみなさんの評価、反応が楽しみです。
[PR]
by d-mojiko | 2011-03-21 23:59 | お知らせ

門司港に「元気の出る!動物病院」オープン!

今月3月11日に発生した「東北関東大震災」。今日で10日目になりましたが、テレビや新聞などで報道されている悲惨な状況を見ていますと、本当に心が痛みます。被害を受けられた皆様に心よりお見舞い申し上げます。そして一日も早く復旧されることを心からお祈り申し上げます。微力ではありますが、いまの自分に出来る節電や義援金などから始めているところです。

 さて今日(3/20)は、あいにくの雨模様となりましたが、門司港に動物病院が開院しました。名前は「門司港どうぶつ病院」。院長で獣医師の松田篤典先生のご依頼で、今回、病院のロゴマークのデザインをはじめ、オープニングのチラシ、名刺、診察券、薬袋、シール、ダイレクトメール、ノベルティなどを制作させていただきました。松田先生は若松のご出身ですが、門司港の街がとても気に入って開院されました。奥様とおふたりで、地元の皆さんのご意見・ご要望を診療に反映させながら、より良い動物病院を目指されていますので、どうぞ宜しくお願い致します。
e0014058_19485940.jpg

この看板が目印です。看板の前に3台分の駐車スペースがあります。
e0014058_19493341.jpg

3/17(木)門司港地区の各新聞に折り込まれた開院チラシ。
e0014058_1958493.jpg

今回、制作させていただいたツールの一部。
奥様にご提案いただいた「この病院に来たら、元気になれる!」
が今回のデザインコンセプトになりました。
まさに「元気の出る!動物病院」なのです。
e0014058_2005564.jpg



「門司港どうぶつ病院」 Mojiko Animal Clinic
〒801−0833 北九州市門司区清滝5−4−8 TEL093−321−1123
◉診療時間/9:00〜12:30 15:30〜19:30
◉休診日/毎週火曜日・金曜午後(金曜午前中は13:00まで)

「門司港どうぶつ病院」は海青小学校のすぐ近くです。






 
[PR]
by d-mojiko | 2011-03-20 20:28 | 門司港かわら版

月刊「ひろば北九州」2011年3月号 <門司港便り>

 あいにくの雨模様スタートの3月。月初めの今日はいつものように、北九州の文化とまちづくりの総合情報誌・月刊「ひろば北九州」の<遊・YOU・悠>欄のコラム「門司港便り」に寄稿した記事内容を、この「レトロ横丁」で紹介させていただきますので、ご一読いただければ幸いです。
 尚、この「門司港便り」、今年の3月号で終了予定だったのですが、「ひろば北九州」編集長の渡部正隆様のご好意により来年の3月まで継続させていただく事になりました。引き続き4月号から門司港の魅力などをお伝えしてまいりますので、お付き合いの程よろしくお願い致します。

e0014058_1425171.jpg













◉タイトル:「路地裏散策、ふれあいのすすめ」

 海峡の景観と歴史的な建造物の他、門司港エリアにはもう一つ
大きな魅力があります。区役所周辺の清滝から錦町へと続く「門
司港の山の手地区」の昔懐かしい街並みです。
 旧官庁街の清滝一帯には接待用の料亭がたくさんありました。
石垣の上に建つ昭和5年建築の旧料亭「三宜楼」もその一つでし
た。=写真。(市が保存して活用することになりました。)
 木造三階建ての二階には「百畳間」と言われた大広間があり、
芸者衆が雅びな舞いを披露していた舞台も残っています。近くに
は芸者の取り次ぎや送迎、玉代(ぎょくだい・料金)の精算など
をしていた「双葉検番」が、今も現役の公民館として活用されて
います。
 何処からか三味線の音色が聞こえてきそうですね。この閑静な
地区には、お客様を温かく迎えてくれる旅館もあります。ゆっく
り滞在して、地元の人とふれあいながら、心癒される路地裏散策
をご堪能いただけたらと思います。きっと門司港の別の顔を味わ
っていただけると思います。
                    (山口酒店・山口仁)

e0014058_14242242.jpg

[PR]
by d-mojiko | 2011-03-01 14:33 | 月刊「ひろば北九州」


門司港の今を伝えます
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
自己紹介
日々のなにげない生活の中で、美しいもの、おいしいもの、楽しい事など
ささやかな事でいいのですが、こころ動かされるものに出逢うと、すこし豊かな気持ちになれます。自分の感じた事を自分のことばで、素直にお伝えしたいと思っています。よろしかったら、私のホームページにも、お越しください。
栄町カフェ
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧