レトロ横丁



<   2008年 06月 ( 7 )   > この月の画像一覧


久しぶりのライブ!

ライブを通して門司港の街に元気を与えてくれている地元バンドの皆さんたちが、今夕4時30分から、中国料理の門司倶楽部で「門司・横丁の芸人達」を開催してくれました。会場は、今回も満員御礼状態で約200名の老若?男女で盛り上がっていました。本日はその様子を少しだけお届けしましょう。
e0014058_23362692.jpg

最後の演奏は、人気のおやじバンド「フラッパーズ」さん。
e0014058_23413581.jpg

e0014058_23423162.jpg

e0014058_2343854.jpg

ラストの曲「がんばれ!門司港」の演奏が始まると
いつの間にか、全員参加の大きな「輪」「和」「ワッ!」が出来ていました。
e0014058_23563479.jpg

e0014058_23571364.jpg

e0014058_23574869.jpg

また今日も、いつものように元気をもらって、いい気持ちで帰ってきました。
素晴らしい演奏を聴かせていただいた皆さんに、心より感謝です。
ありがとうございました!また明日から頑張れそうです!?
[PR]
by d-mojiko | 2008-06-29 23:53 | 門司港のイベント

門司港「銭湯ラプソディー」


門司港でも残り少なくなってきた「銭湯」。今日は、創業昭和14年で、今も当時の懐かしい面影を色濃く残している「みどり湯」さんにお邪魔してきました。「みどり湯」さんは、現在「門司港アート村」となっている旧庄司小学校へ行く坂道の途中にあり、煉瓦の大きな煙突が目印となっています。営業開始時間は午後3時だそうですが、常連のお客さん達は30分も前からお待ちになるそうです。本日は、そんな地元の皆さんに愛され親しまれている「みどり湯」さんをご紹介させていただきます。
e0014058_2232516.jpg

このところの重油の値上がりを受けて、
最近は薪を使用する率が高くなったと話されていた
庄司小学校卒業生でもある、ご主人の小丸修宏さん。
e0014058_22403291.jpg

e0014058_22415158.jpg

番台では、奥さんの典子さんが優しい笑顔で迎えてくれます。
e0014058_22451620.jpg

使い込まれた籐の編み籠。
e0014058_22491911.jpg

歴史が感じられる湯舟に浸かれば、疲れもとれそうです。
e0014058_22515144.jpg

いったい何人の人たちの肩を揉みほぐしてきたのでしょうか?
いろツヤの良い、味のあるマッサージ機。
e0014058_22574341.jpg

湯上がりにはヤッパリ、よ〜く冷えたガラス瓶の飲料水。
地元製造にこだわり、すべて100円で販売。
e0014058_2332227.jpg

◉営業時間 火曜日〜土曜日/午後3時〜午後9時
      日曜日/午後3時〜午後8時
◉定休日 月曜日
◉入浴料 大人410円(中学生以上)
     中人170円(小学生)
     小人 60円(小学校入学まで乳幼児含む)
     洗髪料 0円(男女)

今も、ひたすら銭湯文化を守り続けている「みどり湯」さん。
門司港の宝物でもあります。
大切に思ってくださる地域の皆さんの為にも
是非これからも頑張っていただきたいと思います。
微力ではありますが応援しています!
[PR]
by d-mojiko | 2008-06-22 23:31 | 門司港かわら版

「門司港レトロ・ガイドマップ」を制作させて頂きました。

門司港の魅力は、関門海峡の素晴らしい景観をはじめ、歴史的建造物や懐かしい風景に出会える路地裏、そして関門橋や海峡の流れを身近かに感じることができる和布刈公園など・・・たくさん有りますが、そんな門司港を満喫していただくためのツールとして制作させて頂いたのが「門司港レトロ・ガイドマップ」です。サイズはA3の二つ折りで、オモテ面がレトロ地区(栄町界隈を含む)から和布刈地区までのマップ。ウラ面が歴史的建造物などの各施設の紹介や便利な乗り物の情報などが掲載してあります。
門司港へお越しの際は是非このマップを片手に、思う存分楽しんでください!
e0014058_18245830.jpg

e0014058_18253517.jpg

部分的に拡大してみるとこんな感じです。
e0014058_18273450.jpg


尚、このガイドマップは、門司港駅をはじめレトロ地区の各施設や栄町ひろば「なごみ」などでも入手できますので、是非ご利用ください。もちろん、山口酒店の店頭にも置いてありますのでお気軽にお持ちください。
[PR]
by d-mojiko | 2008-06-19 18:43 | デザインワークin門司港

娘からの美味しい贈り物。

あいにくの雨模様となった「父の日」の今日。京都の娘から「母の日」に引き続き、自家製食パンが届きました。今回はチーズ入りパン(Cheese Bread)、さっそく朝食で味わったのですが、ふっくらとして、香ばしくとても美味でした。「母の日」のオニオン・ブレッドの時よりもウデを上げた!?ように感じましたが・・・私だけかもしれません。

e0014058_14431697.jpg

e0014058_14434720.jpg


最近の物価高を反映して、自家製パン作りにおいても
バターが手に入らなくなったり、強力粉も値上がりするなど
なかなか厳しくなってきているようですが、
今回の心のこもった貴重な「手作りパン」、
しっかりじっくり味わいたいと思っています。
そして、娘に心から感謝です!
[PR]
by d-mojiko | 2008-06-15 15:08 | 本日のひとコマ

「父の日」のおすすめ商品。 其の三



e0014058_23365784.jpg本日ご紹介させていただきます商品は、日本初のカシス梅酒です。ひとくち含むとカシスの魅惑的な香りと摘みたての果実を思わせる甘酸っぱさが広がります。高級赤ワイン的なタンニンの渋みと、後味に長く続くカシスの余韻は、本物だけにしかない高貴な個性です。

「ぱるふぇ」スーパー・カシス梅酒
1本 1500円(税込)

◉容量/720ml
◉アルコール分/9度
◉原材料/カシスリキュール・日本酒・梅
     糖類・紫米酢・クエン酸
◉製造元/若波酒造合名会社
     杜氏:今村友香さん(社長の次女)
◉協力/木下インターナショナル
    ヴェドレンヌ社
    (フランス・ブルゴーニュ)



「ぱるふぇ」とは「大人のスィーツ」
「Parfait」(ぱるふぇ)とはフランス語で「パーフェクト」「完璧な」の意味です。最高品種のカシスを最も香り高い時期に摘み取り造られたフランス・ヴェドレンヌ社のスーパー・カシスと、九州の秀でた日本酒との出会いから誕生したのが、この「ぱるふぇ」です。是非味わってみてください。プレゼントとしてもおすすめです!

e0014058_025845.jpg













お求め、お問い合わせは、山口酒店までお気軽にどうぞ。
TEL:093-321-1275・FAX:093-321-1276
[PR]
by d-mojiko | 2008-06-12 00:36 | 山口酒店だより

「絵手紙展」が始まりました。

週間天気予報では傘マークの付いた日が多く、本格的に梅雨の季節を迎えたようですが、栄町銀天街の「なごみ」では昨日(6/9)より、白野江市民センターの絵手紙クラブ「四季の会」の皆さんによる絵手紙展が始まりました。作品を見ていると、きっと爽やかな気分になれますよ!お近くにお越しの際は、是非ご覧になってください。
e0014058_0564640.jpg

e0014058_058257.jpg

e0014058_0582591.jpg


尚、この絵手紙展は今週の土曜日(6/14)午後6時まで開催されます。
[PR]
by d-mojiko | 2008-06-10 01:02 | 栄町ひろば「なごみ」

「父の日」のおすすめ商品。 其の二


e0014058_22582380.jpg本日ご紹介させていただきます商品は、マンゴーの王様・インド産アルフォンソマンゴーと隠し味のパッションフルーツが見事に調和した、めくるめくトロピカルな梅酒です。

完熟マンゴー梅酒「フルフル」FURUFURU 
1本/1400円(税込)

◉容量/720ml
◉アルコール分/9度
◉原材料/マンゴー・パッションフルーツ・
     日本酒・梅酒・醸造アルコール・
     糖類
◉製造元/山口合名会社

e0014058_232878.jpg
ネーミングの「フルフル」FURUFURUとは
①fullfruity(フルフルーティ)
=超フルーティで甘酸っぱいお酒
②fruit & fleur(フルーツと花)
=フルーツや花のようにキュートで美しいイメージ
の二つの意味をもっているそうです。
結婚式で使われるカードをヒントに
デザインされたラベルも、とてもお洒落です。
オンザロックがおすすめです。

マンゴーは、数あるフルーツの中でも特に「ビタミンA」が豊富で、美容と健康に良いという事もあり女性に大人気となっています。マンゴーの野性的で開放的な薫りとパッションフルーツの甘酸っぱさが華を添えた、この「フルフル」。是非お父さんと一緒に味わってみてください。


e0014058_23533349.jpg今日(6/4)からマリンメッセ福岡で開催されている「ギフトショー2008」のトレンドボックスのコーナーには、「地産の創造力」をコンセプトに意識の高い作り手やブランドが紹介されていましたが、なんとそこで、この完熟マンゴー梅酒「フルフル」を造られている山口合名会社の山口郁代さん(社長の次女で取締役営業本部長)にお会いする事ができました。お話しされる一言一言から「酒造り」に対する情熱と真面目な姿勢を感じました。大変しっかりとした目標を持たれており、その眼差しは輝いていました。山口さんをはじめとして、老舗の酒蔵の後継ぎに名乗り出た女性の皆さんの今後のご活躍を祈念し、エールを贈りたいと思います。若さあふれるパワーと発想に乾杯!!



お求め、お問い合わせは 山口酒店までお気軽にどうぞ。
TEL:093-321-1275 FAX:093-321-1276
[PR]
by d-mojiko | 2008-06-04 23:52 | 山口酒店だより


門司港の今を伝えます
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
自己紹介
日々のなにげない生活の中で、美しいもの、おいしいもの、楽しい事など
ささやかな事でいいのですが、こころ動かされるものに出逢うと、すこし豊かな気持ちになれます。自分の感じた事を自分のことばで、素直にお伝えしたいと思っています。よろしかったら、私のホームページにも、お越しください。
栄町カフェ
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧