レトロ横丁



<   2007年 09月 ( 10 )   > この月の画像一覧


「中央市場」でのひとコマ


北九州国際ビエンナーレの関連企画「門司港さがし」のワークショップとして
9/28・30の両日、中央市場の「ふるさと」看板近くで
ミニラジオ・セントラルマーケットラジオが放送されるという事だったので
正午すぎ頃、久しぶりに中央市場に行ってみたのですが
残念ながら、その現場を見つける事はできませんでした。

日曜日ということもあり、市場内は全店お休みでしたが
まさに帰ろうとした時、
一軒のお店からひとりのおばあさんが
ガラガラとシャッターを開けて出てこられました。
その後ろ姿は、そのまま市場の歴史を語ってくれてるようでした。
e0014058_22534161.jpg

[PR]
by d-mojiko | 2007-09-30 23:07 | 本日のひとコマ

いよいよ明日から「北九州国際ビエンナーレ’07」が始まります。

門司港地区の歴史的建造物を利用して開催される「北九州国際ビエンナーレ’07」
メイン会場である旧JR九州本社ビルでは、
映像作品のインスタレーションを中心とした展覧会が開催されます。
期間/9月28日(金)から10月31日(水)で、会期中無休です。
時間/日曜日から木曜日が11:00〜18:00・
金、土曜日が11:00〜20:00
入場料/¥500(中学生以下無料)

なお、明日9月28日(金)は19:00からオープニングパーティが開催されます。
会場は旧JR九州本社ビルで、入場料¥1000(ドリンク+フーズ)となっています。
どうぞ、皆さんお誘い合わせの上、お気軽にご参加ください。

また同期間中は、東京藝術大学や九州工業大学、北九州大学の学生さんたちによる
「門司港さがし」のワークショップも開催されます。
e0014058_2315536.jpg

「門司港さがし」は開催地である門司港と、そこを訪れるアーティスト、そしてビジターをつなぐワークショップで、QRコードを使った新しい街歩きを提案してくれています。
e0014058_23331356.jpg


会場周辺や駅、商店街、店頭などでこんなQRコードを見つけたら、携帯のバーコードリーダー機能で読み取ってURLにアクセスしてみてください。そこには、門司港の昔の風景や人々の生活など、いきいきとした姿が見えてくるはずです。

この機会に是非、ケータイ持って門司港の歴史を辿ってみてください!
きっと新しい体験できますよ!?
[PR]
by d-mojiko | 2007-09-27 23:54 | 門司港のイベント

夕陽に映える門司港駅


今夜は中秋の名月を、お酒を飲みながら・・・?お団子を食べながら・・・?ご覧になり
少し風流な気分を味わった方も多いのではないでしょうか。

さて、「本日のひとコマ」は夕陽に映える門司港駅です。
レトロな駅舎は、ゆっくりと流れる時間のなかで
訪れる人をいつも温かく迎え、癒してくれます。
私の好きなスポットのひとつです。
e0014058_0342267.jpg

[PR]
by d-mojiko | 2007-09-26 00:43 | 本日のひとコマ

本格芋焼酎「名島」


今日ご紹介する本格焼酎「名島」は、
蔵元である株式会社花の露が地元で自家栽培したコガネセンガンを原料に用い
清酒造りで培った麹の技術を惜しみなく投入して作り上げた芋焼酎です。
北部九州でのコガネセンガンの栽培はこれまであまり例が無く、
植え付けから収穫に至るまでいろいろなご苦労があったようですが
地元農家の方々のご協力があって
上品な香りが特徴の、切れ味の良い焼酎に仕上がっています。
当店おすすめの逸品です。ぜひ一度召し上がってみてください。

e0014058_1714565.jpg
本格芋焼酎
「名島」
限定小仕込
一本 1260円(税込)

内容量/720ml
アルコール分/25度
原材料/さつま芋・米麹
製造者/株式会社 花の露

e0014058_17265160.jpg


「名島」というネーミングは、
黒田五十二万石の始祖、黒田長政が筑前国で最初に入城した
「名島城」(現在の東区名島)に因んで付けられたそうです。
また、名島は「博多どんたく」の発祥の地でもあるそうです。

お求め、お問い合わせは、山口酒店までお気軽にどうぞ。
TEL:093-321-1275 FAX:093-321-1276
[PR]
by d-mojiko | 2007-09-21 17:49 | 山口酒店だより

門司港で「北九州国際ビエンナーレ’07」が開催されます。

9月28日(金)〜10月31日(水)に開催される
「北九州国際ビエンナーレ’07」は、
門司港地区の歴史的建造物を使用して行われる国際美術展です。
門司港駅横の旧JR九州ビルの空間を利用した、
映像作品のインスタレーションを中心とした展覧会、
倉庫を会場とした実験的な音楽イベント、
門司港駅舎の2階ホールでの映画上映、映画監督や研究者によるシンポジウム、
学生が中心となって商店街で行われるワークショップなど
様々なアプローチでプロジェクトが展開されます。どうぞ、ご期待ください。
e0014058_22492987.jpg

先日(9/15・土)午後2時より栄町銀天街にある栄町ひろば「なごみ」前では
ワークショップの説明会が開かれました。
e0014058_23152821.jpg


9/28(金)・29(土)には、この「なごみ」をラジオ放送局にしたり
商店街など地元の人たちの暮らしの中の歴史を写真で紹介したり等々
東京藝術大学や九州工業大学の学生さんを中心に、
いろいろと企画してくれてるようです。
こちらも、どうぞお楽しみに!
[PR]
by d-mojiko | 2007-09-17 23:18 | 門司港のイベント

「バナナフェア」のチラシ、制作させていただきました!

かねてより制作中の門司港レトロ「バナナフェア」のチラシがこのほど完成しました。
「バナナフェア」は、門司港が「バナナの叩き売り」発祥の地ということもあり、
期間中バナナを使った創作料理やお菓子、バナナグッズをはじめ
名人による門司港名物「バナナの叩き売り」の口上がお楽しみいただけます。
過ごしやすくなって来たこの時期に、ぜひ門司港にお越しください。
e0014058_22234372.jpg

e0014058_2224455.jpg


第8回門司港レトロ「バナナフェア」
期間/2007年9月15日(土)〜10月28日(日)
*尚、このチラシは門司港駅・各レトロ施設・参加店などで入手できますので
 ぜひ手に取ってご覧いただき、ひと味違う門司港の思い出を作ってください。

「栄町カフェ」も参加しております。
おすすめは、当店オリジナルのバナナフレーバーティ(350円)。
九州産の紅茶を使用してフルーティなバナナの香りを再現しました。
さっぱりした飲み口で、ストレートでもミルクティでも
おいしくお召し上がりいただけます。
e0014058_2252858.jpg

[PR]
by d-mojiko | 2007-09-13 23:02 | デザインワークin門司港

残念なお知らせです。


栄町銀天街にある老舗「玉寿司」さんが、本日をもって閉店される事になりました。
上にぎりはじめ天ざるや鍋焼きうどん、チャンポンなどおすすめも沢山あったのですが
私のイチオシは「ビルマうどん」。(ごはん、お新香付きで650円)
戦後、ビルマから帰還された先代のご主人が創作されたそうで
鶏のビルマ煮がうどんの上にのった、ピリ辛味のオリジナル。
香辛料たっぷりの独自のダシは、癖になる味でした。
おそらく、地元でもこの「ビルマうどん」ファンは多かったのではないでしょうか!
またひとつ、門司港の名店が姿を消すことになります。
本当に残念でなりません。寂しいです・・・。
e0014058_1621284.jpg

e0014058_1632129.jpg

食べると体中がカッカしてくるんです。
今日も汗を拭きながら、最後の一杯をしっかりと味わってきました。
「玉寿司」さん、ご馳走さまでした!そしてお世話になり誠にありがとうございました!
[PR]
by d-mojiko | 2007-09-11 16:31 | 栄町かわら版

「芋伝説」のおかみさんの作品展、開催中です!


日本初のさつま芋専門店としても人気のある「芋伝説」さん。
栄町界隈では、おしどり夫婦としても知られていますが、
ただいま、奥さんの大野千矢子さんがご主人のお兄さんで、
「油絵屋大哲」こと大野哲也さんと共に、ティールーム・センガクにて
「煉瓦彷徨」〜関門心の旅〜展を開催されています。
普段のお仕事への情熱やパワーもすごいものがありますが
制作への熱意や意欲も、負けない位お持ちのようです。

本日「芋伝説」前にて、ご主人の大野キミツグさんとのツーショットです。
ご主人、目を閉じた瞬間でした。すみません!
e0014058_18113875.jpg

煉瓦をイメージした、詩と油絵のコラボレーションを
落ち着いた空間の中で美味しい珈琲でも味わいながら、ゆっくりとご鑑賞ください。
e0014058_1819029.jpg

e0014058_18194545.jpg

会場/ティールーム・センガク(出光美術館裏遊歩道沿い)
   TEL:093-321-6700 *水曜定休
会期/9月7日(金)〜30日(日)
このかわいいサインが目印です。
e0014058_1827664.jpg


[PR]
by d-mojiko | 2007-09-08 18:44 | 栄町かわら版

チェリーブランデー梅酒「梅子桜子」


本日ご紹介します*華宵好みの桜梅酒「梅子桜子」は
大粒で香り豊かな最高級品・紀州南高梅の青梅を
芳醇で美しいオランダ産チェリーブランデーと氷砂糖で熟成し
オーク樽でじっくり寝かせてあります。
梅とさくらんぼが織りなす深い芳香とまろやかさが特徴で、甘く優しいリキュールです。

*レトロ調のラベル「仲よし」は、画家・高畠華宵(たかばたけ かしょう)氏の作品。
華宵氏は明治21年愛媛県宇和島生まれで、大正から昭和の人気画家。
日本画の基礎をきちんと学びながら、従来の日本画にとらわれずに
和魂洋才の自由な画風で数々の人気雑誌に作品を執筆し、
当時の流行の最先端を築いていたそうです。
「華宵好み」と呼ばれたスタイルは当時の憧れでもあり、
自由の象徴でもあったそうです。

e0014058_0291919.jpg
華宵好みの桜梅酒
「梅子桜子」
●リキュール
●内容量/500ml
●アルコール分/17度
●価格/2100円(税込)
●販売元/井口食品工業(株)

楽しみ方は・・・
●ロックでじっくりと・・・
●ミネラルや炭酸水で割って爽やかに・・・
●香り高いホットで・・・(お湯割り)
●カクテルでお洒落に・・・
●お菓子作りにも・・・

e0014058_0433188.jpg
*飲酒は20歳になってから

お求め、お問い合わせは山口酒店まで、お気軽にどうぞ。
TEL:093-321-1275 FAX:093-321-1276
[PR]
by d-mojiko | 2007-09-07 00:54 | 山口酒店だより

どんな支店が出来るのかな?立て替え工事の状況。


福岡ひびき信用金庫さんの旧栄町出張所ATMコーナーがあったビルは
現在解体工事が進められています。
門司港支店として開業する日程は、まだわかりませんが
栄町界隈の皆さんにとっては、より身近で便利になることは間違いありません。
開業が待たれます。

これまでの工事の様子をご覧ください。
2007/6/16
e0014058_17383650.jpg

2007/7/1
e0014058_1742011.jpg

2007/8/18
e0014058_1745199.jpg

e0014058_17454680.jpg

そして今日。2007/9/2
e0014058_17504168.jpg


[PR]
by d-mojiko | 2007-09-02 17:57 | 栄町かわら版


門司港の今を伝えます
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
自己紹介
日々のなにげない生活の中で、美しいもの、おいしいもの、楽しい事など
ささやかな事でいいのですが、こころ動かされるものに出逢うと、すこし豊かな気持ちになれます。自分の感じた事を自分のことばで、素直にお伝えしたいと思っています。よろしかったら、私のホームページにも、お越しください。
栄町カフェ
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧