レトロ横丁



<   2007年 04月 ( 19 )   > この月の画像一覧


ゴールデンウィークは門司港で!


一日遅れになってしまいましたが、29日(日)の門司港レトロのイベントの模様をご紹介します。晴天に恵まれた昨日、たくさんの人で賑わっていました。出光美術館横(休止中の貨物線敷地内)では約80メートルの区間を、手こぎトロッコ「メロディ号」を自分で運転して走ることができます。料金は片道1回(1車両)200円<4名様まで乗車可能>です。きっと良い思い出になるのではないでしょうか。尚、手こぎトロッコ「メロディ号」の運行は、今日(30日)と5月3日〜6日(10:00〜16:00)の期間だけですので、しっかりチェックしておいて下さいね。
e0014058_1444643.jpg

e0014058_1451175.jpg

「メロディ号」乗降駅の入り口横には、清滝保育園の子供さんたちから贈られた、かわいい鯉のぼりが風に舞っていました。
e0014058_1503996.jpg


港ハウス前では、大道芸がなかなかの人気でした。
e0014058_1545163.jpg

人力車のみなさんも、フル回転のご様子でした。
e0014058_1583852.jpg

また、海峡プラザ前のボードウォークでは、もう門司港ではおなじみの
アンデス民謡SISAYライブが開催されていました。
e0014058_295556.jpg

e0014058_2102184.jpg

このゴールデンウィークの期間中、門司港では沢山の楽しいイベントが開催されます。
どうぞ、ご家族連れで、仲間で、そしてカップルでお越しください。
詳しくは、門司港レトロ倶楽部をご覧ください。
[PR]
by d-mojiko | 2007-04-30 02:31 | 門司港のイベント

「針穴写真展」スローフォト開催中!


ご心配をお掛けしましたが、おかげさまで「ギックリ腰」も順調に回復しております。なんとか投稿できる状態になりましたので、ただいま栄町ひろば「なごみ」にて開催中の「針穴写真展」をご紹介させていただきます。主催者の花野文男さんを含め8名の方の作品が展示してあります。時間をかけて撮られたスローフォトは、見る人の気持ちを優しく包んでくれて、こころを癒してくれますよ。展示は、ゴールデンウィークの5月6日(日)までですので、是非ご覧になってください。
e0014058_0365991.jpg

e0014058_0382449.jpg

e0014058_0385097.jpg

e0014058_0391059.jpg


この「スローフォト」、とても気になります。
機会があれば、是非参加してみたいと思っております。

また、このメンバーのひとりでもある魚住さんの撮られた門司港の写真が掲載された写真専門誌「月刊フォトコンテスト」も会場に置いてありますので、こちらもお見逃し無く!この写真を見て、門司港を訪ねてみたいという方がまた多くなったのではないでしょうか。門司港の街は、本当に絵になりますね!
e0014058_0535429.jpg

[PR]
by d-mojiko | 2007-04-29 01:04 | 栄町ひろば「なごみ」

この痛み、きっと経験のある方にしか分かりませんよね!?


折角お越しいただいたのに、更新できておらず誠に申し訳ありません。

実は、昨日 不覚にも「ギックリ腰」になってしまいました。

回復次第、開始しますので、しばらくお時間ください。

宜しくお願い致します。
[PR]
by d-mojiko | 2007-04-25 22:59 | 山口酒店だより

フラッパーズ結成10周年記念パーティ!


門司港レトロがグランドオープンしたのが平成7年(1995年)3月で、同年12月に「門司港レトロ倶楽部」が発足しました。今から12年前になりますので、「フラッパーズ」さんはその2年後ぐらいに結成されたようです。今や門司港のミュージックシーンにおいて、無くてはならない存在となっています。メンバーはバンドマスターの海運会社社長をはじめ、歯医者さん、酒屋さん、肉屋さん、お寺の住職さん、サラリーマンなどバラエティに富んだカッコイーおじさん達9名で、門司港を代表するおやじバンドとして、ただいま大活躍中です。昨日(22日・日曜日)午後5:30より、海峡ダイニングで開催されたパーティの模様をご紹介させていただきます。
e0014058_14303573.jpg

e0014058_1431470.jpg

e0014058_22171694.jpg

e0014058_14314461.jpg

e0014058_22213262.jpg

e0014058_14324431.jpg


ラストソングは、いつもの「がんばれ!門司港」。
いつものように皆で輪になって合唱し、元気をもらって帰えってきました。

「フラッパーズ」の皆さん、結成10周年 本当におめでとうございます!
そして、楽しい時間をありがとうございました。
これからも、音楽を通して門司港の街を盛り上げていただきたいと思います。
益々のご活躍を祈念しております。
[PR]
by d-mojiko | 2007-04-23 15:03 | 門司港のイベント

「リビング北九州」でご紹介していただきました。


今日、2007年4月21日(土)発行の「リビング北九州」の「和紅茶」特集記事の中で、当店オリジナルの「バナナフレーバーティ¥350」をご紹介いただきました。今回登場されている国産紅茶専門店「紅葉」くれはの店主で和紅茶インストラクターの岡本啓さんのプロデュースで、当店の「バナナフレーバーティ」も誕生しました。バナナの香ばしいかおりが心地よくひろがり、後味もスッキリしています。また、カップ(アルテジオ:ACM商會)は門司港アート村の川端村長がデザインされたものを使用しております。是非一度、味わってみてください。
e0014058_1181286.jpg

e0014058_118344.jpg


e0014058_11152150.jpg

なお、山口酒店では「門司港・バナナ紅茶」(写真左)も販売しております。
ティーバッグ10袋入り、525円(税込)です。
[PR]
by d-mojiko | 2007-04-21 11:35 | 栄町カフェだより

浜町の「シャッター絵画通り」 その4


本日紹介する作品は、久野商会さんのシャッターに描かれた絵で、鎮西橋から旧門司税関方向を望んだ当時の風景です。大正時代の初期(1913年〜1915年頃)との事なので、海運関係も活気があり、賑わっていたようです。
e0014058_1738288.jpg

e0014058_17382684.jpg


[PR]
by d-mojiko | 2007-04-20 17:42 | 浜町の「シャッター絵画通り」

浜町の「シャッター絵画通り」 その3


昨日紹介しました「関門連絡船」が描かれている倉庫には、もう一点、鎮西橋付近から風師山方向を望む西本町通りにあった「日本銀行西部支店」が描かれています。西日本全域を統括する支店として1898年(明治31年)に開業したそうですが、残念な事に1945年(昭和20年)6月の戦災によって焼失してしまったとの事。その後、日本銀行北九州支店は1964年(昭和39年)に小倉に移転したそうです。
e0014058_22353030.jpg

「日本銀行西部支店」があった場所は、現在の門司生涯学習センター付近らしいです。
[PR]
by d-mojiko | 2007-04-19 23:03 | 浜町の「シャッター絵画通り」

浜町の「シャッター絵画通り」 その2


旧門司税関や国際友好記念図書館前の道路を通って踏切あたりまで来ると、浜町界隈の「シャッター絵画」が見えてきます。平日でも見る事ができるものもありますが、会社がお休みの土・日・祝日の方が、シャッターが閉まっていますので全作品を見る事ができると思います。天気のいい日に、散策してみてください。
e0014058_1672996.jpg

e0014058_16534930.jpg

e0014058_16541370.jpg


今では見る事の出来ない貴重な関門連絡船の雄姿が描かれています。
東京オリンピックが開催された年と同じ1964年(昭和39年)10月31日を最後に
栄光の歴史を閉じたそうです。
[PR]
by d-mojiko | 2007-04-18 17:14 | 浜町の「シャッター絵画通り」

「書苑」金澤郊苑書道教室展、開催中です。


ただいま、栄町ひろば「なごみ」では、カモメホールにおいて書道教室を開かれている、金澤登代子(郊苑)先生とその生徒さんたちの作品展が開催されています。初日の昨日は、雷雨を伴った悪天候にもかかわらず、90名の方々が来場されたそうです。こうして「なごみ」が皆さんの交流の場として、少しでもお役に立てる事をうれしく感じています。地元の皆さんと一緒に、にぎわいのある魅力的な商店街を目指します。
e0014058_14465886.jpg

e0014058_14473828.jpg

e0014058_1448093.jpg


尚、この展示会は今度の日曜日(22日)までですので、
  まだご覧になってない方は是非ご来場ください。
  予告!4月23日(月)〜5月6日(日)は「針穴写真展」開催。お楽しみに!
[PR]
by d-mojiko | 2007-04-17 15:15 | 栄町ひろば「なごみ」

浜町の「シャッター絵画通り」 その1


門司港レトロ地区に隣接する浜町地区では、建物のシャッターに往時の門司港の街並みの絵が描かれています。この活動は、地元の企業経営者らで作る「浜町倶楽部」(はまちょうくらぶ)の方々が、県立門司高校美術部に制作を依頼して進められています。2006年3月25日(除幕式)より始めらていますが、今年もまた新作が登場していましたので、今日から少しづつご紹介したいと思います。
e0014058_22491028.jpg

e0014058_22494026.jpg


整備される前の懐かしい門司港駅が描かれています。
駅前の桜はとても綺麗だったのですが・・・何処に行ってしまったのでしょうか?

今後も浜町一帯で30点以上のシャッター絵画が展開されるとの事。
門司港の新しい名所になること間違いなし!?楽しみですね!
[PR]
by d-mojiko | 2007-04-16 23:06 | 浜町の「シャッター絵画通り」


門司港の今を伝えます
自己紹介
日々のなにげない生活の中で、美しいもの、おいしいもの、楽しい事など
ささやかな事でいいのですが、こころ動かされるものに出逢うと、すこし豊かな気持ちになれます。自分の感じた事を自分のことばで、素直にお伝えしたいと思っています。よろしかったら、私のホームページにも、お越しください。
栄町カフェ
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧