レトロ横丁



カテゴリ:浜町の「シャッター絵画通り」( 11 )


浜町の「シャッター絵画通り」その11

先日ご紹介した「鎮西橋公園」前あたりから浜町(はままち)という住所になるのですがこの地区の浜町(はまちょう)倶楽部の皆さんが進められてる「シャッター絵画プロジェクト」。また新たに3箇所で展開されていましたので、ご紹介させていただきます。

元・小松医院さんのシャッターには、
まさにこの前の道路を、かつて走っていた路面電車が描かれています。
この絵は、小松さんの息子さんが通われてる「さいわい幼稚園」さんの制作だそうです。
車体には、山城屋デパートの広告が入っています。
e0014058_1348727.jpg

e0014058_1543760.jpg

トロッコ列車の出光美術館駅のすぐ横にある川崎商店(宮武商店)さんのシャッターには
鎮西橋と第一船溜まりの様子が描かれています。高校生の作品。
e0014058_1356353.jpg

e0014058_1356313.jpg

同じトロッコ列車の沿線で、九州労災病院・門司メディカルセンター近くにある
鍋島商店さんの倉庫入口には2枚の絵が描かれています。
左の絵/関門海峡クルージングで活躍していたヴォイジャー号と関門橋。
右の絵/貨物引き込み線での貨車の入れ替え風景。門司学園高校美術部作
e0014058_143177.jpg

e0014058_1433371.jpg


この「シャッター絵画」、浜町界隈では今のところ16箇所でご覧いただけます。
門司港にお出かけの際は、ぜひお立ち寄りください。

尚、これまでの作品は「レトロ横丁」の
<浜町のシャッター絵画通り>でご覧いただけます。

◉元・小松医院/赤の星 ◉川崎商店/青の星 ◉鍋島商店/緑の星


[PR]
by d-mojiko | 2010-06-18 14:38 | 浜町の「シャッター絵画通り」

浜町の「シャッター絵画通り」その10

昨日は一日中冷たい雨が降っていましたが、今日はガラリと変わって朝からよく晴れて気持ちのいい日になりました。レトロ地区にある多目的広場では、昨日に引き続き「北九州市職員芸人バンクフェスティバル」が開催されていましたが、その会場の前にあるトロッコ列車の出光美術館駅から続いている浜町界隈に、また新たなシャッター絵画が完成していましたのでご紹介させていただきます。

太田商会さんのシャッターには、地元門司港在住の画家・穴吹哲二郎氏による
関門海峡の夕陽と海峡をバックにした旧大阪商船が描かれています。
e0014058_14412155.jpg

喫茶メリーポロさんのシャッターには、
オーナー自身が描かれた廃校となった古城小学校の入学式の絵に
古城小学校の校歌が添えられています。オーナーの熱い想いが感じられます。
e0014058_1450333.jpg


着々と進められている浜町倶楽部のシャッター絵画プロジェクト、
今後の展開が楽しみですね。


[PR]
by d-mojiko | 2009-04-05 15:10 | 浜町の「シャッター絵画通り」

浜町の「シャッター絵画通り」その9

門司港レトロ地区に隣接する浜町では、この地域の企業経営者の方々で作られている「浜町倶楽部」さんが、2006年3月から「シャッター絵画プロジェクト」をすすめられていますが、まさに本日、最新の作品が完成していましたのでご紹介させていただきます。

お酒の配達の途中、偶然、「シャッター絵画」の取り付け作業が始まる現場の前を通りかかったのが、午前10時頃でした。
e0014058_22453712.jpg

スタッフの方にお聞きしたら、夕方には完成するとの事でしたので、午後5時過ぎ行ってみると、まだ最後の仕上げ作業をされていました。
e0014058_22493748.jpg

そして、これが完成作品です。場所はタイヨージョイントさんの建物です。
e0014058_22562097.jpg

また、同じ並びにあるマシン商会さんの壁面にも、絵画が完成していました。
どちらも、県立門司高校美術部の生徒さんに制作を依頼したそうです。
e0014058_2372779.jpg

少し前に完成していたそうですが、他にも2カ所新作がありました。
ひとつは、やはりタイヨージョイントさんの入り口部分のシャッター。
門司港駅前がまだロータリーだった頃で、中央に大きな桜の木が有りました。
*日浦さん作。
e0014058_23151350.jpg

もうひとつは、浜町にある隠れ家的雰囲気のお洒落なお店「野だや」さん。
ここには、昭和33年3月に開業した門司ロープウェーが描かれています。
古城山と関門国道トンネル入口を結んでいたそうです。*日浦さん作。
e0014058_23325669.jpg

今や、門司港の名所になりつつある浜町界隈。今後の展開が楽しみですね!
[PR]
by d-mojiko | 2008-03-22 23:47 | 浜町の「シャッター絵画通り」

浜町の「シャッター絵画通り」 その8


このシリーズは前回の「その7」で終了していたのですがライトアップされたシャッター(現在のところ三カ所)の紹介がまだでしたので、昨晩撮影したものをご覧ください。

マシン商会さんの倉庫の壁は、最近塗り替えられて綺麗になっており
シャッター絵画も一段と映えて見えました。
e0014058_16204611.jpg

また、タイヨージョイントさんのシャッター絵画は、
二カ所ともライトアップされていました。
e0014058_16235147.jpg

e0014058_16241690.jpg


夜間は、昼間とはまた違う表情をごらんいただけますよ。
ライトアップされているので、夜道も明るくなり防犯にもなっていると思います。
安心してご覧ください。
[PR]
by d-mojiko | 2007-05-23 16:41 | 浜町の「シャッター絵画通り」

浜町の「シャッター絵画通り」 その7


本日ご紹介する、CLCタカハシさんのシャッター絵画も昨年(2006年)3月の除幕式の時に公開された作品です。シャッター3面に描かれているのは、明治末から大正初期の(左から)三井物産門司支店、門司郵便局、日本商業銀行門司支店、三井銀行門司支店です。雨の中、傘をさして ゆっくりとシャッター絵画を見て回るのもオツなものですよ。
e0014058_2343938.jpg

e0014058_235526.jpg

e0014058_2352415.jpg


浜町のシャッター絵画については、今回の「その7」で終了いたしますが、
また新しい作品が登場次第、ご紹介させていただきますので どうぞ楽しみに!
[PR]
by d-mojiko | 2007-05-05 23:16 | 浜町の「シャッター絵画通り」

浜町の「シャッター絵画通り」 その6


これまで「その1〜その5」で、新作をご紹介してまいりましたが、
今日からは昨年(2006年)3月の除幕式で公開された作品をご紹介します。

一番左側に見える(株)マシン商会さんのシャッターには、
明治後期の門司港岸壁風景と当時輸入した英国製起重機が描かれています。
当時の門司港の「街の鼓動」が聴こえてくるようです。
e0014058_22513013.jpg

e0014058_22521323.jpg


[PR]
by d-mojiko | 2007-05-04 23:04 | 浜町の「シャッター絵画通り」

浜町の「シャッター絵画通り」 その5


浜町にある、タイヨージョイント(株)さんのシャッターには、門司港がみなと町として栄えていた頃の第一船溜まり周辺の風景が描かれています。うれしい事に、ここは夜間照明してあるので夜も見る事ができますよ。
e0014058_153570.jpg

e0014058_1534680.jpg


このビルの反対側(線路沿い側)には、このシリーズその1でご紹介しました
門司港駅の絵が描かれています。

「門司港の街」のもうひとつの楽しみ方として、
浜町の「シャッター絵画通り」の散策をおすすめします!
[PR]
by d-mojiko | 2007-05-02 15:20 | 浜町の「シャッター絵画通り」

浜町の「シャッター絵画通り」 その4


本日紹介する作品は、久野商会さんのシャッターに描かれた絵で、鎮西橋から旧門司税関方向を望んだ当時の風景です。大正時代の初期(1913年〜1915年頃)との事なので、海運関係も活気があり、賑わっていたようです。
e0014058_1738288.jpg

e0014058_17382684.jpg


[PR]
by d-mojiko | 2007-04-20 17:42 | 浜町の「シャッター絵画通り」

浜町の「シャッター絵画通り」 その3


昨日紹介しました「関門連絡船」が描かれている倉庫には、もう一点、鎮西橋付近から風師山方向を望む西本町通りにあった「日本銀行西部支店」が描かれています。西日本全域を統括する支店として1898年(明治31年)に開業したそうですが、残念な事に1945年(昭和20年)6月の戦災によって焼失してしまったとの事。その後、日本銀行北九州支店は1964年(昭和39年)に小倉に移転したそうです。
e0014058_22353030.jpg

「日本銀行西部支店」があった場所は、現在の門司生涯学習センター付近らしいです。
[PR]
by d-mojiko | 2007-04-19 23:03 | 浜町の「シャッター絵画通り」

浜町の「シャッター絵画通り」 その2


旧門司税関や国際友好記念図書館前の道路を通って踏切あたりまで来ると、浜町界隈の「シャッター絵画」が見えてきます。平日でも見る事ができるものもありますが、会社がお休みの土・日・祝日の方が、シャッターが閉まっていますので全作品を見る事ができると思います。天気のいい日に、散策してみてください。
e0014058_1672996.jpg

e0014058_16534930.jpg

e0014058_16541370.jpg


今では見る事の出来ない貴重な関門連絡船の雄姿が描かれています。
東京オリンピックが開催された年と同じ1964年(昭和39年)10月31日を最後に
栄光の歴史を閉じたそうです。
[PR]
by d-mojiko | 2007-04-18 17:14 | 浜町の「シャッター絵画通り」


門司港の今を伝えます
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
自己紹介
日々のなにげない生活の中で、美しいもの、おいしいもの、楽しい事など
ささやかな事でいいのですが、こころ動かされるものに出逢うと、すこし豊かな気持ちになれます。自分の感じた事を自分のことばで、素直にお伝えしたいと思っています。よろしかったら、私のホームページにも、お越しください。
栄町カフェ
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧