レトロ横丁



カテゴリ:ぶらり北九州( 10 )


小倉で「はしご酒」


毎年2月に開催している「門司港はしご酒大会」。来年は4回目を迎えますが、いつも主催者側としてお客様をお迎えする立場なので、なかなか参加できませんでした。これでは参加されるお客様の気持ちが分からない!という事で視察・研修?を兼ねまして10月15日(水)に開催された「第3回小倉はしご酒大会」に、20代・50代・60代の男三人で参加してきました。小倉の場合は、ラリーカードに記載してある4店舗を2時間以内で回り、ゴールすると抽選で景品がもらえるというシステムで、前売券が3000円(当日券3500円)でした。

それでは、我々が真面目に体験学習?してきた「はしご酒」の内容をご紹介しましょう。
◉18:00〜 
 受付・抽選会場である米町公園に到着。
 まずは、受付でラリーカードを受け取り、本日の我々のコースがわかる。
◉18:30〜
 どんなお店なのか?期待を膨らませながらいよいよスタート。
 記載された店舗は、何処から回ってもいいのですが
 最初の店は、位置的に遠いところで、
 ちょっと腹ごしらえが出来そうなお店に狙いをつけて・・・
 ラリーカードを首から下げて、いざ出発!
◉18:40〜
 一軒目「牛あん」。
 毎回参加しているという気さくなご主人が気持ち良く迎えてくれました。
 各店1ドリンク+1チャームのおもてなしが原則となっていますが
 ここでは、ドリンクは好きなものを注文することが出来ました。
e0014058_20343186.jpg

e0014058_2036625.jpg

◉19:10〜
 二軒目「SUPPER DISCO 2$」
 小倉には、まだこんなディスコがあったんですね〜。
 ミラーボールが眩しく輝く中、70年代から80年代の懐かしい曲に合わせて、
 お店のスタッフが踊ってくれていました。
e0014058_2048560.jpg

e0014058_20511614.jpg

◉19:30〜
 三軒目「スナック パピヨン」
 今回初めて参加されたというママさん。
 いつもと違うお客への対応に戸惑われていたようですが
 客が増えるにつれ、いつもの調子で会話を楽しまれていました。
 新しい出会いに乾杯です!
 ここでは、ウイスキーの水割りが出てきました。
 そして帰りには、「ボトル進呈券」をいただきました。
e0014058_21102775.jpg

◉20:00〜
 四軒目「BAR HIDING」
 なかなかお洒落で、大人のムード漂う落ち着いた雰囲気のお店でした。
 席に着くと、間もなく白ワインがテーブルへ。
 次回は、ぜひ女性を連れて(もちろんカミさんですが)・・・
 と、思いつつイイ気分で最後の店を後にしました。
e0014058_21312384.jpg

e0014058_2132416.jpg


◉20:30〜
1ドリンクとはいえ、結果的には4杯飲んで歩き回るので、いつもより酔いが早いようでした。ほろ酔い気分でゴールし、抽選会に臨んだのですが、私だけが「はずれ」で何ももらえませんでした。残念!この後、二軒ほど「はしご」して24:00前には無事帰宅。久しぶりに小倉の夜を堪能?して参りました。

という訳で、今回の貴重な体験は、来年の「門司港はしご酒大会」に生かしたいと思いますので、どうぞご期待ください。
[PR]
by d-mojiko | 2008-10-17 22:36 | ぶらり北九州

初めての現代美術センター・CCA北九州

門司港において、10月末まで開催されていた「北九州国際ビエンナーレ’07」。そのオープニングパーティで、初めてお会いしたTさんのお誘いで、先日初めてCCA北九州(Center for Contemporary Art kitakyushu)に行って来ました。その日は、アーティストのメリックオハニアン氏の作品が展示されていましたがCCAで学ぶ、アメリカやオーストリア、ギリシャなどのアーティストの皆さんも来場されていて、まさに国際交流といった感じでした。
こういう場になると、やはり英会話をもっと勉強していれば・・・と、
ついつい後悔してしまいますね。
本日は、その模様をご紹介させていただきます。
e0014058_0294020.jpg

e0014058_0304627.jpg

e0014058_0311729.jpg


会話は出来ませんでしたが、しっかり体感してきました。
また、今回お忙しい中、ご同行いただきましたクリエーターのYさんにも感謝です!
[PR]
by d-mojiko | 2007-11-06 00:41 | ぶらり北九州

小倉はしご酒大会に参加してきました!


事後報告になりますが、先週の8日(水)に開催された第一回「小倉はしご酒大会」に参加し、楽しい時間を過ごしてきました。小倉の場合は、2時間以内で4店舗を回るシステムで、料金は前売券3000円(当日券3500円)でした。スタートは18:30で、ゴールが20:30。地図を見ながら、目的のお店を探しまわるのも楽しみのひとつですが、歩くうちに酔いもまわってきます!
e0014058_23103070.jpg

このラリーカードを首に掛けて回ります。4店舗分のスタンプが集まるとゴール後、抽選で景品がもらえます。残念ながらハズレでしたが・・・
e0014058_23205640.jpg

受付・抽選会場は堺町公園で、約500人が参加したそうです。
e0014058_2324115.jpg

参加店は45店舗で、各店1ドリンク・1チャームが原則でしたが、
最初の店ではおそばも出してくれました。
e0014058_2330120.jpg

e0014058_23303093.jpg

スナックでは、このセットが基本でしたが
次回来店した場合に使用できるサービス券を発行しているお店もありました。
e0014058_2337299.jpg

e0014058_2338037.jpg


*予告!来年2月22日(木)には、第2回「門司港はしご酒大会」を開催します。
 門司港の場合は、1時間30分以内で3店舗を回って、抽選で豪華景品が当たります。
 料金は2000円(前売券)の予定です。どうぞ、お楽しみに!
[PR]
by d-mojiko | 2006-11-13 23:54 | ぶらり北九州

ぶらり北九州 「八幡西区編」


今回の「ぶらり北九州」一日目の締めくくりは、大名行列が足を休めたという長崎街道の宿場町「木屋瀬宿」(こやのせじゅく)。もう暗くなり始めていたので、急ぎ足で回ってきました。多目的ホールとして各種イベントが開催されている「こやのせ座」を見学した後、街道を散策。いたるところに、宿場町の面影が色濃く残されていました。また、時間のある時にゆっくりと散策したいと思っています。
e0014058_1244862.jpg

e0014058_12443874.jpg


e0014058_12473037.jpg

[PR]
by d-mojiko | 2006-11-07 12:48 | ぶらり北九州

ぶらり北九州 「若松編」6


国道495号線沿いの約3kmのコスモス街道を通って、つぎの目的地へ。「筑前 染と織の美術館」は、平成3年9月に開館。頓田貯水池がすぐ目の前に見える、丘の上にありました。日本の伝統文化、染めと織りの作品を約5000点所蔵しているそうです。2階の会場には、見事なパッチワーク・キルトの作品が展示してありました。小さいながらも、夢のある美術館でした。
e0014058_21282113.jpg

e0014058_21291452.jpg

e0014058_21294799.jpg

e0014058_21304693.jpg

e0014058_21312283.jpg

e0014058_21315216.jpg


「筑前 染と織の美術館」
●開館時間:10時〜17時 ●休館日:月曜日(祝日は開館)12月28日〜1月2日
●入館料:大人600円・子供300円 ●TEL:093・791・3545
[PR]
by d-mojiko | 2006-11-05 21:43 | ぶらり北九州

ぶらり北九州 「若松編」5


若松恵比寿神社から響灘地区にある近未来的な外観の「白島展示館」に行って来ました。ここでは、響灘に浮かぶ白島国家石油備蓄基地の設備・役割、石油に関する知識を分かりやすく解説してありました。残念ながら、この日は雲っていたので基地は見えませんでしたが、展望室からは平成15年3月から運転を開始した風力発電機10基が、力強く回転するのが見えました。
e0014058_2251325.jpg
e0014058_22515689.jpg
e0014058_2252204.jpg


[PR]
by d-mojiko | 2006-11-04 22:59 | ぶらり北九州

ぶらり北九州 「若松編」4


若戸大橋のたもとにある若松恵比寿神社は、石炭の積出港として栄えた頃(明治〜昭和30年代前半)は海上安全を祈念する神様として、そして現在は商売繁盛の神様として多くの参詣者が訪れる神社で、地元では「おっべえさん」と呼ばれ親しまれているそうです。わが山口酒店の商売繁盛もしっかりと祈願して参りました。
e0014058_23414534.jpg

e0014058_2343074.jpg

e0014058_23434649.jpg
e0014058_23443126.jpg


[PR]
by d-mojiko | 2006-11-02 23:47 | ぶらり北九州

ぶらり北九州 「若松編」3


早いもので、もう11月なんですね。本日からまた「ぶらり北九州」の続編です。

若松バンドを後にして、商店街を散策してきました。この若松周辺には、「まちの駅」が16店舗有りました。ご存知の方も多いと思いますが「まちの駅」とは、「道の駅」の民間版で、おもてなしの心で来訪者をお迎えし、地域の魅力、こだわり情報などの提供を通じ、来訪者に心から喜んでもらう、人と人との出会いと交流の場だそうです。わが「栄町カフェ」も、このコンセプトで展開しているのですが・・・まだまだ、うまく発信できていないようです。ガンバリます!
e0014058_038933.jpg

e0014058_0392720.jpg

e0014058_040097.jpg

e0014058_04198.jpg

地元の小学生たちが描いた若松の風景が、各店の店頭に飾られていました。
「アーティストの集う街」をめざす門司港でも、ぜひ開催したい企画です。
e0014058_0421168.jpg

e0014058_0432482.jpg

e0014058_0441026.jpg


おそらく、わが栄町銀天街と同じような課題を抱えられているように感じました。
にぎわいのある商店街になるよう、一緒に頑張っていきたいと思いました。
[PR]
by d-mojiko | 2006-11-01 00:55 | ぶらり北九州

ぶらり北九州 「若松編』2


若戸渡船に乗って若松側に到着。移り行く若松・洞海湾の数々の歴史資料が展示されている「わかちく資料館」を見学した後、「若松バンド」と呼ばれている、大正ロマン漂う若松南海岸通りを散策。石炭景気に沸いた、当時の若松の歴史と発展を今に伝えてくれているようです。ちなみにBUNDとは、「東洋の港町の海岸通り」という事らしいです。
e0014058_166270.jpg

e0014058_1675411.jpg

上が「旧古河鉱業ビル」
e0014058_16133030.jpg

e0014058_16194483.jpg

上が「旧麻生鉱業ビル」
e0014058_1621932.jpg


旧ごんぞう小屋の前は、居心地の良い、くつろぎの空間がありました。
[PR]
by d-mojiko | 2006-10-28 16:40 | ぶらり北九州

ぶらり北九州 「若松編』1


先日、二日間にわたって北九州の魅力を体感すべく散策して参りました。その時撮影した写真をすこしづつ紹介したいと思います。もしかしたら、皆さんにとっては何の変哲もない、日常化した風景なのかもしれませんが、門司港の街以外、ほとんど行った事のない私にとっては、行く先々が、とても新鮮に映り、北九州の奥深さを痛感した次第です。北九州の「お宝」は、まだまだ沢山ありそうだし、これからちょっと自慢できそうです!

若戸渡船に乗ってきました。もちろん初めてです。洞海湾を隔てた若松と戸畑を結んでいます。わずか3分ですが関門海峡と違って、穏やかでのんびりとした、ほんのりとした船旅でした。地元では「ぼんぼん船」の愛称で親しまれているそうです。ちなみに料金は、片道100円でした。
e0014058_1220686.jpg

e0014058_12205322.jpg

e0014058_12213557.jpg

e0014058_1222611.jpg

e0014058_12225775.jpg


[PR]
by d-mojiko | 2006-10-26 12:29 | ぶらり北九州


門司港の今を伝えます
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
自己紹介
日々のなにげない生活の中で、美しいもの、おいしいもの、楽しい事など
ささやかな事でいいのですが、こころ動かされるものに出逢うと、すこし豊かな気持ちになれます。自分の感じた事を自分のことばで、素直にお伝えしたいと思っています。よろしかったら、私のホームページにも、お越しください。
栄町カフェ
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧