レトロ横丁



「門司シネマフェスタ」開催中

門司市民会館の開館50周年を記念して開催されている第1回「門司シネマフェスタ」。昭和30年代の雰囲気を今なお残している門司市民会館の施設と設備を活かして、門司港に新たな形での映画の殿堂を復活させたい!・・・という熱い思いで実行委員会の皆さんが企画されたそうです。第1回の今回は木下恵介監督の代表作『二十四の瞳』の上映(一日限り)と併せて、「映画資料展・蘇る映画黄金期」と「懐かしの写真展」が2階の会場で開催されています。この機会に是非、黄金期の映画と照らし合わせながら門司港の歴史を楽しんでください。*展示会場への入場は無料です。

竣工して、今年で50年を迎えた門司市民会館。
e0014058_14121391.jpg

「映画資料展・蘇る映画黄金期」
門司区在住の映画資料収集家、松永武さんのご協力により
公開当時のポスターやパンフレットなど貴重な資料が展示してあります。
e0014058_14154622.jpg

e0014058_14183397.jpg

e0014058_14194532.jpg

「懐かしの写真展・わが街、門司」
明治から現在までの門司の街の変化、発展の軌跡がよく分かる
貴重で懐かしい写真ばかりです。
e0014058_14262928.jpg

e0014058_1427353.jpg

e0014058_1428686.jpg



<第1回「門司シネマフェスタ」>
◉期日:9/22(月)〜9/28(日) 10:00〜17:00
◉門司市民会館 TEL/093-321-2907

*尚、『二十四の瞳』の上映日は下記の日程です。
◉日時:9/28(日) ●開場/13:30〜 ●上映開始/14:00〜
◉映画上映会のみ有料  ●一般/800円(税込) ●小中学生/300円(税込)
◉チケット販売/門司市民会館・販売協力団体
[PR]
by d-mojiko | 2008-09-23 14:56 | 門司港かわら版
<< 「おいしい門司港」取材していた... 有りそうで無かったバナナのお酒。 >>


門司港の今を伝えます
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
自己紹介
日々のなにげない生活の中で、美しいもの、おいしいもの、楽しい事など
ささやかな事でいいのですが、こころ動かされるものに出逢うと、すこし豊かな気持ちになれます。自分の感じた事を自分のことばで、素直にお伝えしたいと思っています。よろしかったら、私のホームページにも、お越しください。
栄町カフェ
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧