レトロ横丁



門司港「銭湯ラプソディー」


門司港でも残り少なくなってきた「銭湯」。今日は、創業昭和14年で、今も当時の懐かしい面影を色濃く残している「みどり湯」さんにお邪魔してきました。「みどり湯」さんは、現在「門司港アート村」となっている旧庄司小学校へ行く坂道の途中にあり、煉瓦の大きな煙突が目印となっています。営業開始時間は午後3時だそうですが、常連のお客さん達は30分も前からお待ちになるそうです。本日は、そんな地元の皆さんに愛され親しまれている「みどり湯」さんをご紹介させていただきます。
e0014058_2232516.jpg

このところの重油の値上がりを受けて、
最近は薪を使用する率が高くなったと話されていた
庄司小学校卒業生でもある、ご主人の小丸修宏さん。
e0014058_22403291.jpg

e0014058_22415158.jpg

番台では、奥さんの典子さんが優しい笑顔で迎えてくれます。
e0014058_22451620.jpg

使い込まれた籐の編み籠。
e0014058_22491911.jpg

歴史が感じられる湯舟に浸かれば、疲れもとれそうです。
e0014058_22515144.jpg

いったい何人の人たちの肩を揉みほぐしてきたのでしょうか?
いろツヤの良い、味のあるマッサージ機。
e0014058_22574341.jpg

湯上がりにはヤッパリ、よ〜く冷えたガラス瓶の飲料水。
地元製造にこだわり、すべて100円で販売。
e0014058_2332227.jpg

◉営業時間 火曜日〜土曜日/午後3時〜午後9時
      日曜日/午後3時〜午後8時
◉定休日 月曜日
◉入浴料 大人410円(中学生以上)
     中人170円(小学生)
     小人 60円(小学校入学まで乳幼児含む)
     洗髪料 0円(男女)

今も、ひたすら銭湯文化を守り続けている「みどり湯」さん。
門司港の宝物でもあります。
大切に思ってくださる地域の皆さんの為にも
是非これからも頑張っていただきたいと思います。
微力ではありますが応援しています!
[PR]
by d-mojiko | 2008-06-22 23:31 | 門司港かわら版
<< 久しぶりのライブ! 「門司港レトロ・ガイドマップ」... >>


門司港の今を伝えます
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
自己紹介
日々のなにげない生活の中で、美しいもの、おいしいもの、楽しい事など
ささやかな事でいいのですが、こころ動かされるものに出逢うと、すこし豊かな気持ちになれます。自分の感じた事を自分のことばで、素直にお伝えしたいと思っています。よろしかったら、私のホームページにも、お越しください。
栄町カフェ
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧