レトロ横丁



門司港アート村6周年記念誌を制作させていただきました。

廃校となった旧庄司小学校の後に、2002年4月に誕生した「門司港アート村」。早いもので、今年4月からは開村7年目を迎えることになります。そしてこのたび、「門司港アート村」のこれまでの活動内容や歩みなどをまとめた6周年記念誌「丘の上から」を制作させていただきました。制作にあたってのコンセプトは、川端孝則村長の「熱い思い」や「熱い言葉」をカタチにすることでした。うまくカタチになって、ちゃんと伝わっているか?どうか?は、皆さんにご判断していただくとして・・・。いつものように、あまり時間も無く、予算も無かったので、撮影もほとんど自分でする事になったのですが、久々に楽しみながら制作させていただきました。本日は、完成した「丘の上から」を門司港アート村からお届けしましょう!
◉タイトル:「丘の上から」 ◉仕上がり:B5サイズ・16ページ・4色刷

今日のアート村は、暖かく穏やかな日射しに包まれていました。
e0014058_17474224.jpg

今回の表紙の建物は、現在陶芸の工房として使用されています。
撮影したのは今年の2月14日でしたが、まだ雪が少し残っていました。
e0014058_17574942.jpg

e0014058_1843123.jpg

「ひと」と「ひとが創りだすもの」をテーマに、アート村ならではの温かみのある作品が日々創られています。アートを核とした、門司港の街の魅力づくりは少しづつではありますが、着実に進んでいると思います。今後の展開にご期待ください!

追伸
「門司港アート村」のロゴマークも6年前に制作させていただいたのですが、
玄関横のサインには、ツタが感じよくからまっていました。
自然とのコラボレーション、これもアートに見えてきませんか・・・!?
e0014058_18263078.jpg


[PR]
by d-mojiko | 2008-03-28 18:36 | デザインワークin門司港
<< 国際友好記念図書館前の「陽光桜」 浜町の「シャッター絵画通り」その9 >>


門司港の今を伝えます
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
自己紹介
日々のなにげない生活の中で、美しいもの、おいしいもの、楽しい事など
ささやかな事でいいのですが、こころ動かされるものに出逢うと、すこし豊かな気持ちになれます。自分の感じた事を自分のことばで、素直にお伝えしたいと思っています。よろしかったら、私のホームページにも、お越しください。
栄町カフェ
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧