レトロ横丁



月刊「ひろば北九州」2013年2月号 <門司港便り>

北九州の文化とまちづくりの総合情報誌・月刊「ひろば北九州」のコラム欄に連載中の「門司港便り」。本日は2月号の記事を掲載させていただきますので、ご一読いただけると幸いです。

      ◎タイトル:「創業者・出光佐三氏の軌跡も紹介」

       門司港レトロ地区に平成12年に誕生した出光美術館(門司)。
      出光興産の創業者、出光佐三氏が収集した陶磁器や絵画などの美術
      品が所蔵されています。門司は出光興産発祥の地。「物質的な繁栄
      の町から、文化・精神的にも豊かな町であってほしい」という創業
      地への思いが、美術館新設につながりました。
       館内には、出光氏の生涯の軌跡を紹介する「出光史料館(門司)」
      が併設されています=写真。出光氏は明治18年、福岡県宗像郡赤
      間村(現・宗像市)生まれ。明治44年門司市(現・門司区)に出
      光商会を創立。昭和28年には、英軍艦の封鎖を潜ってイランから
      石油を輸入し、国中の喝采を博しました。当時日本一の規模を誇る
      製油所も建設し、「日本の石油王」と呼ばれましたが、終生社長で
      も会長でもなく、出光商会の一介の「店主」を押し通したそうです。
       経営者として「人間尊重主義」「大家族主義」を最も大切にした
      氏のモットーは、今を生きる私たちにも多くの事を教えてくれてい
      ます。
                           (山口酒店・山口仁)
e0014058_13495615.jpg

ただいま出光美術館(門司)では、「中国美術入門」展を開催中です。
 ◎期間:1/19(土)〜3/31(日)
  どうぞ、この機会にご鑑賞ください。
[PR]
by d-mojiko | 2013-02-06 13:55 | 月刊「ひろば北九州」
「かき焼き祭り」開催中です! >>


門司港の今を伝えます
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
自己紹介
日々のなにげない生活の中で、美しいもの、おいしいもの、楽しい事など
ささやかな事でいいのですが、こころ動かされるものに出逢うと、すこし豊かな気持ちになれます。自分の感じた事を自分のことばで、素直にお伝えしたいと思っています。よろしかったら、私のホームページにも、お越しください。
栄町カフェ
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧