レトロ横丁



月刊「ひろば北九州」2012年9月号 <門司港便り>

もう月末になってしまいましたが、本日(9/26)、北九州の文化とまちづくりの総合情報誌・月刊「ひろば北九州」に連載中のコラム「門司港便り」の内容を掲載させていただきますので、ご一読いただけると幸いです。
e0014058_14583391.jpg


      ◉タイトル:「早朝の清々しい駅前風景」

       かつて、九州の玄関口として多くの人々の思い出やドラマを見
      守ってきた門司港駅。いまでも門司港のシンボルとして人々に愛
      され、親しまれています。
       その駅前噴水広場では毎朝6時半からラジカセから流れるNHK
      の放送に合わせてラジオ体操第一と第二を続けておられる方々が
      いらっしゃいます=写真。
       参加されている方にお聞きすると、平成7年、門司海青小学校
      の建設工事で、グラウンドが利用出来ず、子どもたちが夏のラジ
      オ体操をする所がなくなったので駅長にお願いして駅前広場を使
      わせていただくことになったのがきっかけだそうです。
       夏休みが終わると、子どもたちの姿はありませんが、そのまま
      続けていたら、どこからともなく少しずつ参加者が増えて、多い
      時には60人くらいになることもあるとか。
       以来、名称も会則もない緩やかな状態で、20年近くも続いて
      いる、このラジオ体操。参加者の皆さんの「ラジオ体操をしたい」
      という純粋な気持ちがしっかりと繋がっているようです。

                          (山口酒店・山口仁)

e0014058_15323720.jpg


[PR]
by d-mojiko | 2012-09-26 15:37 | 月刊「ひろば北九州」
<< 第8回「多摩美術大学・校友会展... 門司港のお盆灯籠流し >>


門司港の今を伝えます
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
自己紹介
日々のなにげない生活の中で、美しいもの、おいしいもの、楽しい事など
ささやかな事でいいのですが、こころ動かされるものに出逢うと、すこし豊かな気持ちになれます。自分の感じた事を自分のことばで、素直にお伝えしたいと思っています。よろしかったら、私のホームページにも、お越しください。
栄町カフェ
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧