レトロ横丁



月刊「ひろば北九州」2012年6月号 <門司港便り>

月初めの今日(6/1)は、いつものように北九州の文化とまちづくりの総合情報誌・月刊「ひろば北九州」に連載中のコラム「門司港便り」の内容を掲載させていただきますので、ご一読いただけると幸いです。
e0014058_958382.jpg


      ◉タイトル:「癒されるスローなひととき」

       門司港の魅力のひとつとして忘れてはならないのが、関門海
      峡の美しい夕日です=写真。私が暮らしている栄町銀天街から
      第一船溜まりまでは、ゆっくり歩いても三分かかりません。な
      ので、その日、綺麗な夕日が観れそうな時は、お酒の配達の合
      間ではありますが、カメラを持ちだして、しばし撮影を楽しん
      でいます。
       海峡を赤く染めながら、ゆっくりと沈んでいく夕日。この時
      間帯には、心地よい潮風を感じながら、静かに船の往来を観た
      り、ベンチでゆっくり話をしたり、散歩を楽しんでる人たちを
      沢山見かけます。
       当然のことながら、その人の心のあり方によって観え方は違
      ってくるのかもしれませんが、私にとっては、癒しの風景であ
      り、明日への「元気」と「やる気」を与えてくれます。
       こんな素晴らしい自然の景観を持つ門司港は、地元の古い街
      並みや人々の温もりと共に、今後ますます「人々の心を惹きつ
      ける」居心地のいい場所になるのではないでしょうか。

                         (山口酒店・山口仁)
e0014058_10173021.jpg



今年、4月から5月にかけてFacebook上にアップした夕日の写真です。

◉平成24年4月27日(金) 第一船溜まり周辺と関門海峡。
e0014058_14454273.jpg


◉平成24年5月23日(水) 和布刈ノーフォーク広場にて。
e0014058_14482122.jpg


◉平成24年5月27日(日) 帆船「日本丸」関門海峡ミュージアム前にて。
e0014058_1452995.jpg

e0014058_14523754.jpg

[PR]
by d-mojiko | 2012-06-01 10:24 | 月刊「ひろば北九州」
<< 会場には「心の輝き」があふれて... 月刊「ひろば北九州」2012年... >>


門司港の今を伝えます
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
自己紹介
日々のなにげない生活の中で、美しいもの、おいしいもの、楽しい事など
ささやかな事でいいのですが、こころ動かされるものに出逢うと、すこし豊かな気持ちになれます。自分の感じた事を自分のことばで、素直にお伝えしたいと思っています。よろしかったら、私のホームページにも、お越しください。
栄町カフェ
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧