レトロ横丁



月刊「ひろば北九州」2011年8月号 <門司港便り>

 月初めの今日(8/1)は、いつものように、北九州の文化とまちづくりの総合情報誌・月刊「ひろば北九州」に連載中のコラム「門司港便り」の内容を掲載させていただきますので、ご一読いただければ幸いです。
e0014058_23394042.jpg


◉タイトル:「心落ち着く小さなお宿」

 夏休みのこの時期になると、門司港の路地裏散策を楽しみに
宿泊される観光客が多くなるようです。往時の繁栄ぶりをしの
ぶ懐かしい路地裏散策の旅には、地域に息づく小さなお宿がお
勧めです。いま人気スポットとして注目の清滝地区にある「む
つみ関門荘」もその一つです。
 開業は昭和40年。ご主人の土谷義一(つちやよしかず)さ
んと女将の清子(きよこ)さんが二人で切り盛りされています。
玄関脇の不動尊は地元の人々に親しまれ、前の路地は「不動坂」
という、何とも趣きのある名前がついています。
 この宿の魅力はご夫婦の気さくな人柄、田舎の祖父母の家の
ような落ち着いた佇まい=写真、そして清子さんが腕を振るう
「おふくろの味」です。義一さんも門司港地区を中心に旅館や
料亭などで作る「レトロおもてなしの宿の会」(10軒)の会
長。おもてなしの勉強会を開き、地区のイベントと連携を図る
など観光振興に尽力されています。
 門司港ならではの宿に泊まり、のんびりと心の洗濯はいかが
でしょうか。
                   (山口酒店・山口仁)
e0014058_0135810.jpg


*関連写真

「むつみ関門荘」前の不動坂。
e0014058_0165598.jpg

お客様を温かく迎えてくれる玄関。
e0014058_0183177.jpg

宿泊料金もお手頃価格で、ゆっくりできます。
e0014058_0223095.jpg


[PR]
by d-mojiko | 2011-08-01 00:30 | 月刊「ひろば北九州」
<< 「少女漫画家3人展」始まります。 恒例の「栄町夜市」始まります! >>


門司港の今を伝えます
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
自己紹介
日々のなにげない生活の中で、美しいもの、おいしいもの、楽しい事など
ささやかな事でいいのですが、こころ動かされるものに出逢うと、すこし豊かな気持ちになれます。自分の感じた事を自分のことばで、素直にお伝えしたいと思っています。よろしかったら、私のホームページにも、お越しください。
栄町カフェ
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧