レトロ横丁



暗渠から出現した明治の石垣!?

栄町カモメホールから老松公園までの道路は、現在「堀川通り」という愛称がついています。その由来は、かつて第一船溜まりと第二船溜まりをつなぎ、重要な役割を果たしていた運河「堀川」の一部を塞いで出来た道路という事からでした。そして今、この「堀川通り」では、災害からライフラインを守るための共同溝工事が進められているのですが、道路の下に造られた水路(暗渠)には、かつてここが確かに運河だったことを示す、明治時代?に築かれたと思われる立派な石垣が姿を現しています。残念ながら今回の工事でコンクリート補強されるため、その姿をもう見ることは出来なくなるようですが、門司港の歴史の一部を垣間見ることができたのはラッキーでした。お近くにお住まいの方は、この機会にぜひ一度ご覧になってください。
e0014058_13462368.jpg

e0014058_13472489.jpg

e0014058_13474838.jpg

e0014058_134918100.jpg

老松公園側は、もうすでにコンクリートで固められていました。
e0014058_13513073.jpg


[PR]
by d-mojiko | 2010-10-20 14:06 | 門司港かわら版
<< 栄町銀天街がハロウィンタウンに変身! NHK銀河テレビ小説「港駅」で... >>


門司港の今を伝えます
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
自己紹介
日々のなにげない生活の中で、美しいもの、おいしいもの、楽しい事など
ささやかな事でいいのですが、こころ動かされるものに出逢うと、すこし豊かな気持ちになれます。自分の感じた事を自分のことばで、素直にお伝えしたいと思っています。よろしかったら、私のホームページにも、お越しください。
栄町カフェ
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧