レトロ横丁



月刊「ひろば北九州」8月号 <門司港便り>

北九州の文化とまちづくりの総合情報誌・月刊「ひろば北九州」の<遊・YOU・悠>欄のコラム「門司港便り」を、来年(2011年)3月まで担当しております。寄稿した記事内容を「レトロ横丁」に掲載しますので、ご一読いただければ幸いです。

◉タイトル:「土曜の夜、港町の『船上ジャズ』で」

 関門海峡が温かみのある穏やかな夕陽に包まれる。やがて迫
り来る宵闇に、門司港の第一船溜まり一帯は歴史的建造物をラ
イトアップする光が水面にきらめき、さまざまな照明パフォー
マンスが交差して、今夜も美しく幻想的な夜景を演出します。
 こうした最高の雰囲気の中で毎週土曜日の午後6時〜8時に
恒例の「船上ジャズ」が開かれています。ハーバーデッキ前に
係留中のワーペン・ファン・ホールン号を舞台に=写真、地元
で活躍するベテラン&若手のジャズプレイヤーが熱演を繰り広
げます。観覧は無料。潮風と潮の香りに包まれながら、心地よ
いサウンドに耳を傾けていると、いつの間にか身も心もスイン
グ&リラックスです。
 11月まで「週末おもてなしイベント」として開催の予定。
夕涼みがてら立ち寄るファンも少なくないようです。特に8月
は「レトロの夜」と題して、ジャズ以外にも室内楽のコンサー
トなどがあります。土曜の夜はぜひ門司港でロマンチックなひ
とときを!
                   (山口酒店 山口仁)

e0014058_21545475.jpg
[PR]
by d-mojiko | 2010-08-01 21:58 | 月刊「ひろば北九州」
<< 門司港出身の漫画家「山田圭子展... 「栄町夜市」始まりました! >>


門司港の今を伝えます
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
自己紹介
日々のなにげない生活の中で、美しいもの、おいしいもの、楽しい事など
ささやかな事でいいのですが、こころ動かされるものに出逢うと、すこし豊かな気持ちになれます。自分の感じた事を自分のことばで、素直にお伝えしたいと思っています。よろしかったら、私のホームページにも、お越しください。
栄町カフェ
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧