レトロ横丁



門司港の「なんじゃもんじゃの木」

昨日は月末だったので慌ただしい一日でしたが、お得意先への配達の途中、老松公園にある門司図書館前の通りで、まるで雪をかぶったように見える綺麗な白い花を咲かせた木を見つけました。シャッターを押した時には何の木か分からなかったのですが、後でその名前を聞いてビックリ。なんと「なんじゃもんじゃの木」だそうです。いつごろ植樹されたのか?知りませんが、こんな風に美しく感じたのは初めてでした。何故こんなおもしろい名前がついたのかは諸説あるようですが、「なんという名前の木か分からなかった」ので通称「なんじゃもんじゃ」と呼ばれるようになったというのが一般的なようです。門司港の見事な「なんじゃもんじゃ」の並木道、この時期が見頃のようです。お近くにお越しの際は、どうぞご覧になってください。
e0014058_0261991.jpg

e0014058_0265237.jpg

e0014058_027197.jpg


「なんじゃもんじゃの木」
◉木犀(もくせい)科の落葉高木
◉和名/ヒトツバタゴ(一葉たご)
◉学名/Chionanthus(チオナンサス)
    ギリシャ語のchion(雪)+anthos(花)が語源で、
    白い花のかたまりが雪にたとえられています。


[PR]
by d-mojiko | 2009-05-01 00:56 | 門司港かわら版
<< レトロhanabiファンタジー... 門司港レトロ観光列車「潮風号」... >>


門司港の今を伝えます
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
自己紹介
日々のなにげない生活の中で、美しいもの、おいしいもの、楽しい事など
ささやかな事でいいのですが、こころ動かされるものに出逢うと、すこし豊かな気持ちになれます。自分の感じた事を自分のことばで、素直にお伝えしたいと思っています。よろしかったら、私のホームページにも、お越しください。
栄町カフェ
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧